ブログ

アロマ占い『ペパーミント』の意味

運命美容アロマ占いで使う精油の意味をご紹介します。

アメブロなどでご紹介している内容ですが、アロマ占いを実践する上で参考にしていただけると思いますので、ご自身で実践される際などにご活用ください。

 

今回はアロマ占いでペパーミント精油が出たときの意味をご紹介いたします。

 

 

「ペパーミント」

ペパーミントはハーブとしても有名で全世界で栽培され愛されています。栽培も簡単で虫よけとしてガーデニングで植えられている方も多いのではないでしょうか。ペパーミント精油は、シソ科の多年草であるペパーミントの葉・全草を水蒸気蒸留法によって抽出します。

清涼感あふれるハッカのフレッシュで澄みとおるようなスッキリ爽やかな香りです。頭がスッキリしリフレッシュするような香りを運んでくれます。

※皮膚刺激があるため、濃度に注意。妊娠、授乳中の人や乳幼児への使用は避ける。

 

アロマ占いの意味は…

「サクサク仕事や作業がはかどる」

ペパーミントの精油が出たときは、頑張るという気持ちが強く、痛みの感情や冷え切った心に気付いていないかもしれません。小さな楽しみや、こころのケアをしてあげることが必要なときかもしれません。

毎日少しのケアをすることでものごとがスムーズに運ぶかもしれません。ペパーミントのスパイシーで温かみのある香りが、頑張るという気持ちを緩めて、気持ちをスッキリさせてくれます。体を温めて血行をよくする作用で心身ともにリフレッシュしてください。

 

今日のアロマ占いのポイント…

「体の声に耳を傾けて積極的に休憩する」

人間の心と身体は「約90分」の周期で、「休息」と「覚醒」を繰り返していると言われております。そのため、70分程度活動をしたら、休息の波がやってくると言われています。外部に向けていた身体の活動を一旦やめ、15分程度リラックスしてエネルギーを補充するとと良いことが分かっています。

しかし、日本では多くの場合、会社で働いていると休憩時間以外に休憩していると、怠けているとかサボっていると思われるケースが多く、白昼夢にふけり、穏やかで体がゆるむ気持ちなったときに、コーヒーを飲んで気持ちを切り替え、無理に集中しようとすることも少なくありません。そのため、自身の体からのメッセージを無視してやり過ごすことが多くなりがちです。その結果、体のリズムが無視されたパターンが形成され、知らず知らずのうちに心労となって蓄積されてしまいます。その点で考えるとタバコを吸う方は、90分~2時間置きなどには吸いたくなると言われていますので、体が緩んだときにタバコ休憩をすることができて、健康と引き換えではありますが、休憩の効果を享受できているのかもしれません。

日本の企業で働いている方にとっては、「約90分」の周期の定期的な休息は難しいと思いますが、休息の波を感じたら、できる限り逆らわず、思いきってリラックスするために、お化粧室に行ったり、あたたかい飲み物をじっくり味わったり、会社で精油の香りが使えない場合は、塗布しなくても、ペパーミントの精油をビンから直接吸い込んでみてください。作業をしながらでも、電車で移動していても、10分から15分かけて深く腹式呼吸をおこなって、神経を整える時間を積極的に取り入れて工夫してください。呼吸法を使って短時間でも神経を休められれば、気分がすっきりして、集中して作業効率も上がります。

ペパーミント精油の効能は、目を覚まして眠気をさますようなイメージがあると思いますが、それとは逆に神経を鎮静してくれる精油です。体の声に耳を傾けて、ペパーミントの爽やかでキリッと透き通るような香りの中で積極的に休息をとってみてください。

短時間で頭をスッキリさせることで生産性を上げて、仕事もプライベートも充実させていきましょう。
 

アロマ占いに体験会や講座のお問合せはコチラから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る